高いモノより旨いもの

だいぶさぼってしまった。
ブログ、一度さぼるとなかなか筆が(キーボードが)進まない。
さて久々に寄稿させてもらいやす。

 

 

きっと、安倍さんとオバマさんが行ったすきやばし次郎のうになんて卒倒するくい旨いんでしょうね。
きっと10年連続でミシュラン三つ星の快挙を成し遂げたフレンチレストラン・カンテサスのフォアグラなんて悶絶するくらい旨いのでしょうね。
しかし小生、このようなところには縁がありませぬ。

なぜ、ってそりゃあ・・・お高くておいらには不似合い、というか行けないからであります。行ける条件を備えてない、ってことす。
しかし、旨いものは大好き!旨いお酒ももちろん大好き!
さて、こんなおいらですが、旨いもの、旨い酒はいつもたんと頂くことができておるのです。
どうしてか?理由は2つ。
日本には安くて旨いものに溢れていることと、おいらが渡り鳥なのでその旨いものがある各地を渡り歩くことを仕事にしているから。

 

       ▲久々の新潟は長岡の居酒屋で。
       お漬け物でもちゃんと丁寧につくってあり旨し

 

これはありがたいいことで、贅沢な豊かさだと思っちょります。ただし、観光地の有名店や空港のレストランなんかはNGだな。地元の人が気軽に立ち寄る店で、気軽に食べて呑めるところがいい。そこで頂く新鮮な魚、素材そのものの旨味、出汁や味噌、なんか懐かしいような庶民的な味付け。そして、地方都市独特の気取ってない居心地の良さ。
そうなんです、高いものより、旨いもの。なのであります。

 

 

      ▲出張の帰り際。長岡駅の蕎麦屋。
       割と安めで旨い酒「吉乃川」と蕎麦の身の入った
       とろろで一杯。写真左上のふきのとう、このほろ
       苦さが春を告げるのですねえ〜。

 

顧みれば、30歳の頃からの渡り鳥、本当に全国の旨いもの、旨い酒を頂いてきました。そりゃあ、あ〜た、高血圧にもなるし、γGTPも尿酸値も高くなるし(おかげさまで糖尿病の予兆はないが)、で、問題も抱え込んでしまってますがね。まあ、そういうお年頃であるわけですから、塩分、アルコールを控え、適度な運動(この適度なってのが難しくて)をしないとな。そんな年寄り染みた思いでいるおいらの前を、JK達(女子高生)が大笑いしながら颯爽と通り過ぎていきます。“私たちは最強で婆なんかにならないわ”と言わんばかりに。おらも半世紀前はああだった。怖いものなんてなかった。 ってまあ、それはさておき、残りの人生も旨いものと旨い酒で楽しもうではありませんか、ご同輩!!

 

 

新しい時代が始まるぞ

「平成最後の・・・」、何かにつけこの言葉が毎日のように聞こえてきますえ。
おいらもご多分に漏れず、自分自身の平成史を総括してみますと“反省と感謝”しかりませぬ。多くの方にご迷惑をお掛けし、多くの方に助けられた、のです。まあ、これも私の不徳のいたすところと私の人格によるものなのでしょうか?

 

 

        ▲渡邉社長と一献/関内にて

 

 

さて、話しは変わりますが過日1月10日、横浜は関内で介護リフォームを推し進めてこられたリフォーム店の渡邉社長と一献しました。渡邉社長は「介護や介助が必要な方々に安心して暮らせる住環境を整えたい、そしてリフォーム産業をもっと社会に必要とされるように盛り上げたい」という強い志で、仕事をさらにステップアップしようと努力されています。還暦を過ぎる頃から、平穏無事に人生を終わらせるようなスタンスの方も多いようですが、夢に向かってステップアップしていこう!という生き方、おおいに刺激されました。
実はおいらも、40年近くになる販促活動の総仕上げとして、新しい夢を掲げており(計画が決まればいずれまた詳細はご紹介させて頂きます)、新年早々、中年親父二人はがぶがぶと酒を酌み交わし、おおいに盛り上がったのでありました。

       ▲鯵、しめ鯖、なまこ酢、どれも旨し!

盛り上がる気持ちが覚めやらぬ14日、巷では成人式が華やかに行われました。おいらの末娘も成人で、友人からお借りした振り袖でいっちょまえなかっこをしてました。まあ、感慨深いものがあります。娘の幸せを願うのはもちろんなのですが、この子はどんな夢を描いているの?いや、そもそも夢はあるの?夢ってなんだか分かってる?どう叶えるか知ってる?なんて口にはださない【?】が頭の中をぐるぐるよぎるのでありました。こっちは老婆心でも、娘からすれば余計なお節介、とまたうざがられちゃうだろうし。まあ、娘には娘の夢があり、幸せは心が感じるもので本人しか分からない。おいらは見守るだけだ。

 

 

さてさて、成人を迎えた若者たちにも、還暦を迎えた親父たちにも、新しい時代はやってくる。楽しく元気に、気張っていこか~!

 

新年、明けましておめでとうございます。

皆様、おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

来る年や昭和は遠くなりにけり

昭和の歌、昭和の食い物、昭和のファッション、メールではない昭和の手紙、携帯ではない昭和の黒電話、昭和の街角。
チコちゃんに叱られるかもしれないが、やっぱり昭和が好きだな。
昭和には適度な毒あった。最近は無菌除菌と毒もない。
昭和には一手間があった。最近は手間をかけない事ばかり。

 

お知らせとお願い

 

私、早川のPCアドレスと携帯アドレスが変わりました。恐れ入りますが修正をお願いいたします。

 

PC/携帯アドレスとも d2.hayakawa@kai-en-tai.com

 

 

恥ずかしくもちと嬉しい!

 

とある協会の設立総会で、ちょっとお話しする機会を頂いた。こんなおいらでも一応来賓なのでりっぱな胸リボンをご用意頂いた。まるで議員先生にでもなったような・・・

 

 

 

う〜ん、ちと恥ずかしいが嬉しくもある。えへん!!

 

 

 

 

みんなが幸せでありますように

 

前回のブログで、JERCOさん主催のセミナーで福島に行ったと書いたが、その研修で出会ったのが志賀塗装の志賀社様。

上記のおばちゃんのイラストは、志賀塗装さんのバッチなんです。志賀社長がスーツの胸ポケットのところに付けていたものを見て“社長、このバッチ、おらに頂戴!”とおねだりしてもらっちゃったのでありました。

 

それがご縁で、9月末、福島は泉の志賀塗装さんへ伺った。チラシづくりで伺ったのだが、まあ、スタッフの方々の対応が気持ち良くて感心しました。挨拶ひとつとっても、やらされ感がまったくなく、自然な身のこなしというか自然な笑顔というか、居心地がとても良かった。

 

 

 

 

志賀社長のこのふくよかな笑顔、これが会社の雰囲気の良さの根っこかも。

 

さてさて、お仕事が終わり帰ろうとした時に、志賀社長のお母様がご挨拶をしてくださった。このお母様がまた素晴らしい。おおらかさ、優しさ、かわいらしさ、強さ、それらを重ねた年齢の中でちょうどいい具合に熟成されている感じで。

 

初めにご紹介した、「みんなが幸せでありますように」のバッチ、イラストのご夫人は、このお母様なのでした。

 

お母様はおいらにお土産をくれました。質も量も申し分ない北海道の筋子。

 

ほんわか気分のまま、志賀社長に泉駅まで送っ頂いた。車の中で、東日本大震災のお話を伺うも、おいらには想像ができない。ご苦労も傷みも分からない。           

 

 

 

 

さて、常磐線特急、ひたちが来るまでには少し時間がある。そこで駅前の「はらぺこ」というお惣菜屋に立寄りビールを一杯。

 

 

 

 

好きな総菜を3品選んでなんぼ、という頼み方ができ、それをアテにしてグビグビ。あ〜た、これがめちゃくちゃ旨いのであった。

 

本当に今日は終日幸せであった。自分がイライラしていたり苦しいなと感じているとダメだけど、幸せな気持ちに包まれると志賀社長のお母様のような心になれるようで。

 

「みんなが幸せでありますように」